三浦半島のリゾートホテル、マホロバ・マインズ三浦に行きました!

神奈川県の三浦半島、三浦市にあるリゾートホテルへ行きましたのでご紹介です!



スポンサーリンク


9月の某日、遅まきで夏休み的な連休を頂きました。
奥さんも、合わせてお休みを頂きまして、滅多にない機会だから母と一緒に旅行へ行こうとなりました。

埼玉県からの旅行なんですが、母の年齢も考慮してなるべく近場が良いなと・・・
とは言え、旅行ですから旅行気分は味わいたい!
なんのこっちゃって感じですが、要はですね折角の旅行ですから“非日常”が欲しい訳ですよ!(笑)

埼玉県は海無し県です。
そんな埼玉県民としては、海が見える場所こそが“非日常”なのです!٩( ”ω” )و
釣りも出来るし・・・

てことで!
三浦半島に決定!

三浦はマグロで有名です!
三浦野菜も有名です!
つまり美味しい物が沢山あります!
釣りもできるし・・・


マホロバ・マインズ三浦


『三浦半島ホテル』で検索すると、“マホロバ・マインズ三浦”がかなりの数出て来ます。
海水浴場で有名な三浦海岸の近くにある、リゾートホテルです。

一泊二日の2食付きで、シーズンや曜日にもよると思うのですが、スタンダードなプランで1人大体1万3千円~2万円位でしょうか。
平日だと、もう少し安くなるかな?
あと1部屋お借りするのに、人数が多いほど安くなるのは道理ですね。

こちらのホテル、下層階と上層階でも少し値段が変わってきます。
三浦海岸がすぐそばに見える場所に位置しているので、全室東京湾を望めるようになっています。
でも、下層階だとなかなか“眺望”って感じではないみたいです。

こちらが玄関です!👇

こちらは本館なんですが、他に別館もありまして少しお安くなっていました。
別館は、本館より1~2分の場所にあり、低層階からは海が見えないそうです。

あと、天然温泉の大浴場や、食事場所等は本館になるので別館からだと1度外に出て道路を隔てた本館へ行く必要があります。
雨の日とかは困るかも知れませんねぇ。。。
でも若いグループさんだと、値段も安くなるし歩くのもそんなに苦にならないと思うから良いかも!

今回は、母との旅行が目的だったので、眺望も重視で本館の高層階にしました!
こちらのホテル、他のホテルと違う事が幾つか有ったのですが、そのひとつが“こちらでお部屋を選べない”事でした。
勿論、宿泊プランは選べるんですよ!

例えば、『本館スタンダードプラン』とか『本館ロイヤルスイートルームプラン』とかです。
ただ、『本館スタンダードプラン』を希望するとしてその中で、“和室”とか“和洋室”等の指定は出来ないです。
ホテル側にお任せとなります。

こちらは、予約の際に希望プラン・宿泊日・宿泊人数・夕食の希望(バイキング・和食懐石・BBQ等)を伝えます。
HPを見ると、『ベストレート保障(最低価格保証)』となっていたので、今回はネットで予約をしました!

当然、電話で予約も出来ます。
色々と確認をしたい方もおられると思いますからね!
さて、お部屋です。



スポンサーリンク

お部屋

と、その前に・・・
エレベーターの中に、館内の案内が有りましたので👇

別館は、また別棟です。
で、お部屋!
階数や部屋番号は載せないで置きますね!
とりあえず、高層階(笑)

玄関を入ると、こいつらがお出迎え!(^^)

リビングへ入ると、アジアンちっくな・・・
何これ?(^^;)
ちょっと座ってみましたが、なかなか良いですよ!

ベランダからの眺望です。
目の前は東京湾です。
そして分かり辛いですが、画像中央辺りの砂浜が三浦海岸です。

遠くに見える陸地は房総半島、千葉県ですね。
東京湾は“湾”ですから、神奈川県・東京都・千葉県が周りを囲むようになっています。
少しだけ車を走らせて、久里浜港まで行けば“東京湾フェリー”が航行しているので、フェリーで千葉県の金谷港まで行けます。

右側が東京湾の出口、東京湾口です。
景色を見ていると、「東京湾も捨てたもんじゃないなぁ~」なんて思います。

寝室は2部屋あります。
玄関横に1部屋(ベッド2つ)と、リビング横に1部屋(ベッド3つ)。
今回は僕の他、奥さんと母の3人で宿泊したので、2つのベッドが余った訳です。
仮に、こちらのお部屋へ5名で宿泊すれば、1人辺りの料金も下がる訳です。

こちらが、備え付けの浴室です。
まぁ、大きい浴室ですよ!
特に、脱衣場は大きくて快適です!

そして、こちらがキッチン!
ん?
キッチン!?

この辺まで来ると、「あれっ?このホテルなんか変?」なんて思われる方も居そうですが・・・
実はこちらのホテル、バブル末期の頃にリゾートマンションとして建てられた建物なんだそうです。

建てた後に色々あったんでしょうかね?(笑)
とは言え、現在利用する側としては、安くて広いお部屋なんですから有難い限りです!
ここまででお部屋が広くて、眺望も良くて、料金もお安い事はお分かり頂けたと思いますが・・・



スポンサーリンク

食事🍴

お食事が気になりますよねぇ~!🍴
夕食は、バイキング形式・和食懐石・寿司懐石・鉄板焼・BBQから選べます。
でも、確認した訳では無いですが、バイキング会場のお客さんの数からバイキングを選択されている方が多いのではないかと感じました。

平日だったのですが、ビックリするくらいのお客さんの数(;゚Д゚)
僕’sチョイスをどうぞ👇

我ながら、「なんでこーなるかなぁ・・・(-_-) 」的なチョイス(笑)
お寿司はその場で職人さんが握ってくれてますし、天ぷらもその場で職人さんが揚げてくれています!
当然美味しいです!

ただ、右側の1番下のお料理は“小籠包”なのですが、小籠包っぽく無かったです(笑)
小籠包って、バイキング形式に不向きなんだなぁって思いました。( ̄▽ ̄;)
ごめんなさいm(__)m
飲み物ですが、アルコールもソフトドリンクも“フリードリンク”でした!

朝食です!
こちらも、僕’sチョイスをどーぞ(笑)👇

漬物がど真ん中で、その横に塩辛がある事に好感が持てますでしょ?
“THE・日本人”って感じ!(笑)
それで、お料理が並んでいるところを撮ると、お客さん達が写ってしまうので控えたのですが、これだけは撮らせて頂きました!👇

“縁むすび”って事で、おむすびをその場で握って下さいます。

画像の通りなんですが、8つの具材から好きな物を選んで握って頂きます。
1人2個まで!

おむすびにはお味噌汁ですよね!
この日、2杯目のお味噌汁。
おむすびは、“鮭”“しそ昆布”をお願いしました🍙

三浦海岸

実は、食事前に家族で三浦海岸まで散歩に行きました。
ホテルの案内によると、徒歩7分との事。
海水浴シーズンが過ぎての平日の早朝、だーれも居ません(笑)

海水浴シーズンは、当然人で賑わう訳ですが、人の居ない秋の海岸の散歩もよろしいもんですよぉ~!
ところで、今回はホテルのご紹介な訳ですが、旅行へ行った時は観光も大切です!

マホロバ・マインズ三浦周辺の観光ですが、今回は詳しくはかきませんが、結構あります。
前述しましたが、海水浴シーズンは海水浴そのものが目的にもなるでしょうし、車で20分程走って三崎まで行けば“水中遊覧船”“産直センター”が有りますし、“城ヶ島”もあります!

余談ですが、僕は暇を見つけては三崎の堤防へ釣りに行きました!
夕食の前とか、家族が起きる前の早朝とか!(笑)👇

都心から近いし、遊ぶ場所も沢山ある三浦!
皆さんもよろしかったら行ってみて下さいませ!(^^)
ではm(__)m

スポンサーリンク
関連記事
関連記事(一部広告)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です