おにゅーのジョギングシューズを買っちゃったお話し!

前回の続きです!


スポンサーリンク


前回は、足を痛めてしばらく走れなくなってしまったお話しでした。
足の痛みが取れたので、また走り始めようと思ったのですが、やっぱり気になっていたのでジョギングシューズを買ってからと思いショップへ行きました!

僕のブログに度々登場する、『イオンモール与野』の“スポーツオーソリティ”さんへ行きました!
この、イオンモール与野。
ブログを書くようになって、度々登場する事で、「あれっ?結構来てたんだ・・・」って気付きました(笑)

3連休で忙しそうなお店で、店員さんにお願いして色々お聞きしました!
先ず、ジョギングを初めてしばらくしてから足を痛めてしまった事をお話ししました。
店員さんに、「足のどの辺を痛めたのか?」を聞かれたので、前回の投稿で書いた内容と同じことを伝えました。
店員さんによると、クッション性が低いシューズで走っていた事が原因の可能性が有るとの事。

取り合えず、足のサイズを計測して貰ってからのシューズ選びをお願いしました。

これは、足の全長を計って頂いてるところです。

次いで、足の幅(足囲と言うらしいです)親指の付け根の骨が出っ張ったところから、小指の付け根の骨が出っ張ったところまでを計っていました。
ですから、上から見ると斜めに測っている感じです。

こんな感じです。
次に、足の接地面の面積を確認して頂きます。
土踏まずの部分が重要なようですね。

ボードの上に立って、20秒位じっとしています。
この画像だけでも僕のO脚がわかりますね(笑)
昔は結構悩みましたよ・・・(;_;)

降りると、僕の足裏の形がクッキリと出ています。
ボードの緑色の部分がそうです。
それを、ボード中央にある足形のどれかに当てはめるんですね。

僕の場合、素人目にも明らかに“LOW ARCH”に当てはまりますね・・・
人間の足の裏は、土踏まずが浮いていて、母指球の辺りから踵までが弓の様にしなっている訳ですが、それを“ARCH”と言うんですね、多分ですが(^^;)

そのしなりの部分がクッションの役目を果たしていて、土踏まずの部分が地面に当たってしまっているとクッションが効かない事になるんですね、これも多分ですが・・・( ̄▽ ̄;)
今まで、“偏平足”って言われたことは無いんですけど・・・

最後に、踵を揃えた状態での屈伸をしてみる様に言われました。
どの程度までしゃがめるかを見るそうです。


以外に曲がらない💦
店員さんが軽く失笑してたかも(笑)
この先は言わなくとも、皆さんお分かりと思いますが・・・

つまり、全体に硬いんです!( ̄▽ ̄;)

まとめると、

1.  土踏まず=クッションの役割。
    僕の場合、最初から“LOW ARCH”・・・
    土踏まずが接地しているので、土踏まずの部分がクッションの役割を果たしていない。

2.  屈伸運動=柔軟性=クッション性。
    極めて硬い為、クッション性が低い。

3.  クッション性の低いシューズを履いていた為に、足への負荷が大きい。

つまり、何を取っても足への負担が大きいんです( ̄▽ ̄;)
走る時に足に掛かる負荷は、体重の3倍だそうです。
クッションというのは、力を吸収してくれるんですから、それが低いということは、負荷をそのまま受けてしまう事なので、当然膝や足首を直撃してしまうんですね・・・



スポンサーリンク

そして、選んだシューズが!!!

それを踏まえて、店員さんが勧めて下さったシューズがナイキの物。
アシックスのも勧めて下さったんですが、僕が7~8キロ位平均で走ってた事を伝えたら、ナイキのを。

メーカー別での話しでは無くて、各メーカー沢山種類がある中で「お客様にはこれとこれ辺りは如何でしょう!」と勧めて下さった2つでの話です!

それで、買うことにしたのが・・・
いや、買ったのがこちら👇

“ナイキ エアズームスピード ライバル6”。ユニセックス仕様でした。
ジョギングシューズの場合、足囲によって普通の靴よりも細かくサイズ分けがされている様で、同じサイズでもA~Gまで10種類程細かく分けられているようです。
(例:25cmの2E)

2E~4E位が平均の様ですが、店員さんによるとナイキは他のメーカーより若干小さめの作りに感じるそうです。
実際、僕は通常25.5cmの靴を履いているのですが、26cm(8インチ)になりました。
アシックスは万人向けの作りに感じると仰っていましたが、その辺は僕には分からないレベルの話しです・・・
そんで、靴の裏側!

なんだか凄いですね(; ・`д・´)
このポツポツの配置にも全て理由が有るんでしょうし、軽さといい靴ひとつにテクノロジーという言葉が頭に浮かんでしまいます(◎_◎;)
メーカとしての経験がギッシリ詰まっているんでしょう・・・

それはそれとして、凄く面白かったのが、色によって値段が全然違うんです(笑)
その時の靴のデザインと色によって人気が変わるのかも知れませんね・・・
勿論僕は安い方にしました!
十分かっこいいと思うんですけどね!

翌日、早速走ってみました!
7キロちょっと。
40日振り位でした!

やっぱりね、全然違いました!
足の痛みはおろか、疲れが全然違う。
言葉で表現すると、ピョンピョン跳ねている感じです!

足よりも息切れが早かったです(笑)
40日開けると駄目ですね💦
でも、久しぶりなんで、途中歩きも適度に入れて無理をしないようにしました。
しばらくは、慣らし運転的にじっくりと慣らしていきたいと思います。
ジョギングシューズを変えたからと言って、僕の身体が硬い事が変わる訳では無いですから(^^ゞ

それで、店員さんに話を聞いたりして感じた事なんですが・・・

1.ジョギングシューズの大切さ。
  ジョギングをこれから始める方が最初にお金をかけるところは、ジョギングシューズ
  ではないかと思いました。

2.身体の柔軟性の大事さ。
  日頃から柔軟体操はやって置いた方が良いですね!
  お相撲さんの股割りは、けが防止も有るそうです。
  走る事に於いても、各関節や筋を柔らかく保つことはケガ防止に繋がるのは間違いなさ
  そうです。

3.もうひとつ、筋力です。
  走る為の筋力が適度に付く前に、無理な走りをするとやはり怪我に繋がると。
  走る事で筋力を付けるのなら、急激に距離を延ばしたりしないで、時間を掛けて自分に
  あった距離を走る。

です。
これは、個人的に感じた事です。
僕は専門家でもジョギングの上級者でも無いし、ですから足も痛めたんですし、あくまでも参考程度にして下さい!

これからジョギングを始める方は、スポーツショップ等で詳しい店員さんに相談してから始めると僕の様な失敗は減らせると思います!(;_;)

随分長くなってしまいましたが、お付き合い下さいまして有り難う御座いました!
そして、色々教えて下さった店員さん、有り難う御座いました<(_ _)>

スポンサーリンク
関連記事
関連記事(一部広告)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です